ベランダから雨漏りが発生する?

今回の記事では、ベランダから雨漏りが発生した5つのケースをまとめてみました。

各地方で日々活躍されている雨漏り修理職人さんたちが丁寧に「問題点」とその「対処法」について説明してくれています。

よくあるベランダからの雨漏りケース5つ

ベランダ防水のひび割れから出窓から雨漏り

問題点】2階のベランダ防水が劣化によってできたヒビから雨が侵入し、1階の出窓の上から雨漏りが発生!

対処法】雨漏りを止めるために、上から防水剤を塗りました。

ベランダのボルトが緩んでしまい雨漏り

問題点】ベランダを外壁に固定しているアンカーボルトが風や地震によって緩んでしまって雨漏りを起こしていました。また、ベランダの屋根が半分しか付いていなかったために、ベランダに多くの雨が当たってしまっていました。

対処法】緩んだボルトをいくら閉めても有効ではないため、雨が入ってこないようにボルト自体に防水処理を施しました。

ベランダと外壁が接する部分から雨漏り

【問題点】劣化したベランダと外壁が接する部分から雨漏りが発生していました。

対処法】防水のメンテナンス工事と外壁の一部分を修理することにより、無事雨漏りを止めることに成功しました。

ベランダ防水が完全に剥がれて雨漏り

問題点】ベランダの防水の一部分が完全に劣化し剥がれてしまい、雨が侵入していました。

対処法】ベランダの防水剤と外壁の一部を剥がしました。そして、防水剤を塗り直し、新しい外壁を張りました。

ベランダの排水口にゴミが詰まり雨漏り

問題点】2階のベランダの排水口にゴミが溜まっていました。排水口に雨が溜まり、屋根の裏側に雨が流れて、1階の天井にシミができていました。

対処法】排水口に溜まったゴミや泥を取り除きキレイにしました。その後お客様からの電話はないとのことです。

ベランダ防水の施工不良が原因で雨漏り

問題点】以前、リフォームを行った業者の施工不良によって雨漏りが発生していました。下地を剥いで修理をするべきところをただ上から防水処理を行っていただけでした。

対処法】以前の業者が行った防水処理を全て取り除き、新たにウレタン防水を行い無事雨漏りを止めることができました。

ベランダの雨漏りは定期的なメンテナンスで防げます!

最後の動画を除く、以上4つの動画で紹介されたベランダからの雨漏りの共通点は「定期的なメンテナンス」を行っていなかったことが主な原因と考えられます。

全国46都道府県で雨漏り修理を展開している「屋根雨漏りのお医者さん」では、これまでに非常に多くのベランダ防水による雨漏り修理を行ってきました。雨漏りはその地域の気候など様々な条件によって変わってきますが、全国的に見てもベランダ防水は雨漏りの原因トップ5に入ります。

そのため、5年に一度は専門業者によるメンテナンスをおすすめしたいです。

実際に、雨漏りが起きてから修理を行うのでは修理費用の面でも大きく変わっていきます。もし、お近くに信頼のできる防水工事業者がありましたら、点検をご依頼してみてくださいね!

もちろん、屋根雨漏りのお医者さんでもベランダ防水のメンテナンスを行っています!無料でご相談からお見積りまで行っていますので、ぜひ一度ご相談ください!

ベランダ防水メンテナンスはこちら

屋根雨漏りのお医者さん
フリーダイヤル 0120-994-119
24時間メール相談はこちら
URL  http://yane-amamori-doctor.com/