突然起こる雨漏り

いざ雨漏りが起こった時に備えて、修理費用を用意している人はいないと思います。

そのため、最近ではDIY(日曜大工)で雨漏りを直そうとする方も増えているようです。

もし本当にホームセンターなどでコーキング剤や防水処理テープを購入し自分で雨漏りを止めることができれば、業者に修理を頼むより修理費用はかなり抑えることが可能になります。

しかし、本当に雨漏りを自分で直すことができるのでしょうか?

大阪府で雨漏り修理職人として活躍する金田恭直さんに聞いてみました!

雨漏りを自分で直すことができるのか?

「自分で雨漏りは直せますか?」というインタビュワーの質問に対してこのように答えています。

今まで漏っていなかったのに漏るというのは必ず原因がある

そして、今まで漏っていなかったのに雨が漏るというのは、何か重大なことが起こっていることが大半を占める

雨漏りが起こるということは住宅のどこかに原因があるからです。原因がないところに雨漏りは起きません。

ということは、その原因箇所を知ることができれば雨漏りは直すことができるということになります

しかし、一般の方でも修理できるケースは存在するようです。

例えば、瓦が割れてしまった時のように、雨漏りの発生原因が顕著な場合です。瓦が割れた場合、ホームセンターなどで販売している瓦用シリコン系コーキング剤で割れている箇所を補修することができます。

しかし、これはあくまでも応急処置です。

応急処置を施しても放置しておけば、必ず雨漏りは再発してしまいます

やはり、なるべく早い段階で業者に見せておくべきだと思います。

雨漏りが起こったらまず専門業者へご相談を!

雨漏りに気がついた際に行うべきことは、まず「修理業者へ相談してみること」だと思います。

信頼できる業者に見てもらい、実際にお見積りを提示してもらうのが良いと思います。

もしかしたら、実際に考えていた修理費用より安く済むかもしれません。

また、同じ応急処置でも業者に行ってもらうことによって、自分で行うよりも長く保たせることが可能になるでしょう。

全国で活動する屋根・雨漏り修理グループ「屋根雨漏りのお医者さん」では、無料でご相談・お見積りを行っております。

ぜひ、お気軽にご相談ください!

ご相談・お見積りは無料です!

雨漏り修理、屋根修理でお悩みなら、お気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん
フリーダイヤル 0120-994-119
メールご相談はこちら
URL http://yane-amamori-doctor.com