屋根雨漏りのお医者さんは、全国46都道府県で活動する屋根・雨漏りの修理業者です!

2016年9月現在なんと83名の屋根・雨漏りのお医者さんが全国で雨漏り被害に悩む人たちを助けるために活動しています!

この「プロからアドバイス」では、屋根・雨漏り修理のスペシャリスト「屋根雨漏りのお医者さん」たちの動画を参考にして、分かりつらい雨漏りの問題について簡単に説明するシリーズです。

今回の屋根雨漏りのお医者さんは、東京都全域で活躍する國松 慶誇さんです!

今回の動画 : 中野区 雨漏り対処|屋根が腐ったため改修工事

この動画で、國松さんは勾配が原因となって雨漏りが起こったケースを紹介しています。

では、早速!

雨漏りで屋根が腐る

実は、屋根が腐ってしまうことがあるんです。

今回、國松さんが伺った住宅の屋根も屋根の腐食が進んだ結果、屋根雨漏り修理の依頼が来たそうです。

屋根の構造は、コロニアル屋根でその下にアスファルト防水が敷かれていた状態でした。

そして、コロニアル屋根の一部がかなり腐食していました。

一般的に、屋根の腐食は雨漏りを放置することが原因です。

國松さんは、その一部腐食している部分を撤去し、鉄骨で下地を組み改修しました。

 

勾配の浅いとコロニアル屋根は不向き

雨が屋根に落ちて、ずっと屋根に残ったままの状態になると雨漏りを起こしてしまいます。

その為、屋根の勾配(角度)が屋根を長くもたせる為に重要な要素の一つです。

動画内で、國松さんが丁寧にコロニアル屋根の勾配についてわかりやすく説明をしてくれてます。

今回の住宅を見てみると、コロニアル屋根の勾配がかなり弱いことがわかります。

しかし、本来コロニアル屋根は勾配が必要になるんです。

「最低でも 3寸(3/10)以上の勾配がないと使ってはいけない」

と言われています。

國松さんによると、今回の住宅のコロニアル屋根は下地に不備があり、屋根材から打ち込まれているネジが下地とは別の位置に刺さっていたそうです。

つまり、固定ができていない状態だったので、風で飛ばされる可能性もありました。

 

新築後の改修工事が原因となるケース

新築時はそこまで大した問題は発生していなくても、改修工事がキッカケとなって依頼人が何らかの被害に合う場合があります。

今回の住宅も有名なログハウスデザイナーに設計されましたが、アスファルト防水の劣化により漏水を起こしてしまったことで改修工事を依頼したそうです。

その時に改修工事を行った材質選定・施工方法のミスだと思われます。

 

東京都での雨漏り修理は、屋根雨漏りのお医者さんの國松さんがオススメです!

東京都での屋根雨漏り修理は、安心して國松さんに任せましょう!

お気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん
國松 慶誇
フリーダイヤル 0120-994-119
メール kunimatsu-b@yane-amamori-doctor.com
URL  http://yane-amamori-doctor.com/tokyo/