屋根雨漏りのお医者さんは、全国46都道府県で活動する屋根・雨漏りの修理業者です!

2016年9月現在なんと83名の屋根・雨漏りのお医者さんが全国で雨漏り被害に悩む人たちを助けるために活動しています!

このプロからアドバイスでは、屋根・雨漏り修理のスペシャリスト「屋根雨漏りのお医者さん」たちの動画を参考にして、分かりつらい雨漏りの問題について簡単に説明するシリーズです。

今回の屋根雨漏りのお医者さんは、東京都全域で活躍している高橋大悟さんです!

今回の動画 : 世田谷区 雨漏り修理|雨漏り前のメンテナンス

この動画で、高橋さんは屋根のメンテナンスの重要性についてお話しをしています。

では、早速!

雨漏りのメンテナンスを依頼する人は少ない

これは、高橋さんが今まで行った雨漏り修理で記憶に残る案件の一つだそうです。

なぜかというと、雨漏りが起こる前にメンテナンスを依頼されたからです。

“雨漏りをした後に直してくださいというお客様が多い”と言っているように

実際に雨漏りのメンテナンスを意識して行っている人々が多いのが現状です。

 

剥げて変色したシート防水の屋上は雨漏りしてしまう?

高橋さんがメンテナンスを行った住宅の屋上にはシート防水が敷かれていました。

見た目は、剥げていて変色した状態でした。

シート防水の構造は、簡単に言いますと

防水層の上にトップコートの呼ばれている塗料が塗られています。

そのため、今回高橋さんが伺った住宅の屋上はトップコートが剥がれているだけで、その下の防水層は劣化していなかったので

現状では雨漏りの心配はありませんでした。

しかし、トップコートを長い間剥げたまま放置しておくと最終的には防水層の劣化に繋がってしまので、今回はシート防水の良い改修時期だったそうです。

一般的には、10年がシート防水の耐用年数になっています。

様々な条件や要因によって、10年以内で改修が必要な場合も出てくるので、心配でしたら防水業者や今回のように屋根・雨漏り業者に確認してもらうのが良いと思います。

 

雨漏りしてからでは遅い!メンテナンスをしよう!

今回、高橋さんがメンテナンスの依頼を受けた住宅は確かに雨漏りを起こしていませんでしたが

もしメンテナンスをしていなければ、いつかは雨漏りを起こしてしまっていたかもしれません。

やはり、どんな住宅でも長い歳月が経つと、いろんな部分に劣化が始まってしまいます。

そう考えると、住宅は人間と同じです。

大事なのは、問題が発生する前のメンテナンスですね!

 

東京都での雨漏り修理だったら、屋根雨漏りのお医者さんの高橋さんがオススメです!

一度雨漏りを修理したのに、再発して悩んでしまうお客様は多いんです。
屋根雨漏りのお医者さんの高橋さんだったら、一度で直すことができます!

お気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん
高橋 大悟
フリーダイヤル 0120-994-119
メール yano-b@yane-amamori-doctor.com
URL  http://yane-amamori-doctor.com/tokyo/