屋根雨漏りのお医者さんは、全国46都道府県で活動する屋根・雨漏りの修理業者です!

2016年9月現在なんと83名の屋根・雨漏りのお医者さんが全国で雨漏り被害に悩む人たちを助けるために活動しています!

この「プロからアドバイス」では、屋根雨漏りのお医者さんたちの動画を参考にして、分かりつらい雨漏りの問題について簡単に説明するシリーズです。

今回の屋根雨漏りのお医者さんは、茨城県全域で活躍している村田豊かさんです!

今回の動画 : 常総市 雨漏り 修理|屋根雨漏りのお医者さん 塗装が原因の雨漏り

この動画で、村田さんが塗装による雨漏りについてお話ししています。

では、早速。

塗装工事で雨漏りが多発

塗装工事は住宅の外観を良くするには、欠かせないものですよね。

しかし、村田さんによると

近年、塗装工事による雨漏りが起こるケースが目立っているそうです。

塗装後、雨漏りを起こしていなかった住宅が雨漏りを発生してしまうというのです。

依頼人からすれば、外観はとても綺麗に仕上がっているにも関わらず、雨漏りをしてしまったらかなりショックですよね。

 

雨の流れを遮る塗装で雨漏りが発生

実際に、村田さんが塗装工事後に雨漏りを起こした住宅に伺い

原因調査を行ったところ、「雨の流れを遮る塗装」がされていたことがわかりました。

その住宅は、コロニアル屋根と呼ばれる現在で最も普及しているタイプの屋根が乗っていて

本来であれば、塗装してはいけない部分にも塗料が塗られていたそうです。

屋根は、コロニアルや瓦などの屋根材の下にルーフィング(防水材)が敷かれています。

例えば、コロニアル屋根の場合、雨が屋根材の中に侵入しても、ルーフィングをつたって外に出る仕組みになっています。

しかし、塗装により雨漏りの逃げ道を塞いでしまい、ルーフィングに雨が残ってしまいます。

“いらない塗装部分をカッターで切るなどで塗装後の適切な処理を行えば、この問題は起こらない”と村田さんは言います。

たった一つの後処理を怠るだけで、雨漏りに悩まなければいけないと思うと何だか馬鹿らしいですよね。

 

塗装工事による雨漏りを防ぐ方法

せっかく住宅を綺麗に塗装するんだったら、やはり信頼できる業者を選ぶことが大事です。

ましてや、今回のように塗装がキッカケとなり雨漏りを起こしてしまったら、さらに雨漏り修理にお金が掛かってしまいます。

塗装の知識を持っていない一般のお客様が

塗装による雨漏り被害を防ぐ方法についてを村田さんは

“業者を選ぶ段階で塗装業者がどれくらい雨漏りに対しての知識を持っているかを確かめること”

と答えれています。

家というのは、私たちが思うより繊細で複雑なものです。

美しい塗装が雨漏りを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

茨城県での雨漏り修理なら屋根雨漏りのお医者さんの村田さんがオススメです!

雨漏り修理、屋根修理でお悩みなら、お気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん
村田 豊
フリーダイヤル 0120-994-119
メール murata-b@yane-amamori-doctor.com
URL  http://yane-amamori-doctor.com/ibaraki/