「屋根雨漏りのお医者さん」は、全国46都道府県で活動する屋根・雨漏りの修理業者です!

2016年9月現在なんと83名の屋根・雨漏りのお医者さんが全国で雨漏り被害に悩む人たちを助けるために活動しています!

この「プロからアドバイス」では、屋根雨漏りのお医者さんたちの動画を参考にして、分かりつらい雨漏りの問題について簡単に説明するシリーズです。

今回の屋根雨漏りのお医者さんは、栃木県全域で活躍している臼井進さんです!

今回の動画 : 下野市 雨漏り 修理|屋根雨漏りのお医者さん どんな雨漏りが多いですか?

この動画で、臼井さんは自身が雨漏り職人をしていて思う雨漏りが多いケースをお話ししています。

では、早速。

雨漏り多いケース3つ

臼井さんが長年、雨漏り修理を行っていて

多くのお客様を悩してきた雨漏りのケースは3つあるそうです。

  • ベランダからの雨漏り
  • 瓦と防水材の付け根
  • 屋根と壁の付け根

などのように、異なった部分同士の付け根からの雨漏りが目立つようです。

 

栃木県は雨漏り被害が多い?

栃木県全域で板金工事また雨漏り修理職人として日々飛び回っている臼井さんによると

横殴りの雨が原因で雨漏りが起こるケース多いそうです。

特に、栃木県のような雷が多くゲリラ豪雨が頻繁に降る地域では

雨漏り被害の件数も比例して多いと考えられます。

そのため、ベランダの防水や屋根と壁の取り付け部分の施工が甘いと

簡単に雨漏りが起こってしまいます。

 

良心的な板金工事業者や雨漏り修理業者は、雨の気持ちになって施工を行う

臼井さんが板金工事を行う上で心がけているのは

「雨の気持ちになって考えること」だそうです。

雨の気持ちになることで、どこに雨が流れていくのを把握することができ

結果的に、雨漏り発生のリスクを最小限に小さくするということです。

その一例として、臼井さんは「受け」と呼ばれる雨の逃げ道を屋根に作ります。

この「受け」を作ることによって、たとえ雨が屋根に侵入しても、外に出て行くようになります。

たとえ、元の設計図に書いていなくても、雨の気持ちになって判断し、必要であれば加える。

やはり、状況に応じた対処を施せるのが本物の板金工事業者ではないでしょうか!

 

栃木県での雨漏り修理なら、屋根雨漏りのお医者さんの臼井さんがオススメです!

雨漏り修理、屋根修理でお悩みなら、お気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん
臼井 進
フリーダイヤル 0120-994-119
メール usui-b@yane-amamori-doctor.com
URL  http://yane-amamori-doctor.com/tochigi/