屋根雨漏りのお医者さんは、全国46都道府県で活動する屋根・雨漏りの修理業者です!

2016年9月現在なんと83名の屋根・雨漏りのお医者さんが全国で雨漏り被害に悩む人たちを助けるために活動しています!

このプロからアドバイスでは、屋根・雨漏り修理のスペシャリスト「屋根雨漏りのお医者さん」たちの動画を参考にして、分かりつらい雨漏りの問題について簡単に説明するシリーズです。

今回の屋根雨漏りのお医者さんは、愛媛県全域で活躍している篠浦 真隆さんです!

今回の動画 : 大洲市 雨漏り 修理|屋根雨漏りのお医者さん 雨漏り対策(築15年位のお宅の場合)

この動画で、篠浦さんは屋根塗装の重要性についてお話しをしています。

では、早速!

雨漏りを起こさない為には塗装を意識する

篠浦さんによると、雨漏り被害を避ける対策として

「塗装」が重要だと言っています。

塗装は屋根の外観をよくするだけではありません。

最も重要な目的は、屋根材の「保護」なんです。

しかし、保護のための塗装がマイナスに転じてしまう場合も存在します。

これについては、篠浦さんがスレート屋根という平板瓦を例にして説明しています。

スレート屋根は瓦が重なってできていて、その隙間に雨水が入ってきても雨が屋根に染み込まず

外に出る仕組みになっています。

しかし、過度な塗装をしてしまうと、この雨の逃げ場を潰してしまうことになってしまいます。

最終的に、屋根に残ってしまった雨が原因で雨漏りを起こします。

 

気になる屋根塗装のタイミング

塗装が大事ということは分かりました!

しかし、どのタイミングで塗装をすべきなのかが気になりますね。

篠浦さん曰く、現在の塗料ですと「10~15年」が塗装を塗り替えるタイミングだそうです。

塗料メーカーは、新築の場合、まず7年で塗り替え、そしてその後は「5年ごとに」塗り替えることを推奨しています。

しかし、“最近の塗装の技術が発達しているので、15年で大丈夫です”だと篠浦さんは言っています。

もちろん、サビが始まっている場合などは例外で、すぐに塗り替えた方が良いです!

 

大事なのは信頼できる塗装業者を見つけること

雨漏り被害で頭を抱えない為には

雨漏り修理業者だけではなく、信頼できる塗装業者も見つけることが非常に大切です。

しかし、塗装業者も相当数存在し、一つに絞るのはかなり難しいと思います。

施工実績数や工事価格など塗装業者を選ぶ際には様々なポイントを見なければいけません。

しかし、塗装知識がない一般の方にとってはどの業者も同じに見えてしまいますよね。

そこで、篠浦さんがオススメする塗装業者を選定する方法は

「知り合いに紹介してもらうこと」だと言います。

この方法のメリットは「安心感を感じられる」なのではないでしょうか。

みなさんもインターネットを通して商品を購入する際にレビューを参考にすることがあると思います。

レビューを見る目的は、やはり購入する前に後悔しない為ですよね。

これは、塗装業者を選ぶ際も同じだと思います。

知人を通して紹介してもらえれば、実際にその塗装業者に施工してもらった依頼人から飾りのないレビューを聞くことができます。

もし、周りに塗装業者に塗装を依頼した知人がいなかった場合は自ら探すしかありません。

そこで外せないポイントは、地元で探すということです。

やはり、住んでいる地域の塗装業者に依頼すれば、塗装後のアフターケアも依頼しやすいですし

塗装業者側も依頼人と地元で会う確率があるので、手抜き工事の確率が低くなると個人的には思っています。

愛媛県での雨漏り修理なら、屋根雨漏りのお医者さんの篠浦さんがオススメです!

愛媛県で雨漏り修理業者を探しているなら、丁寧な話し方で屋根塗装の大切さを話してくれた篠浦さんに連絡してくださいね!

お気軽に連絡下さい!

屋根雨漏りのお医者さん
篠浦 真隆
フリーダイヤル 0120-994-119
メール shinoura-b@yane-amamori-doctor.com
URL  http://yane-amamori-doctor.com/ehime/