屋根雨漏りのお医者さん」は、全国46都道府県で活動する屋根・雨漏りの修理業者です!

2016年8月現在なんと83名の屋根・雨漏りのお医者さんが全国で雨漏り被害に悩む人たちを助けるために活動しています!

この「プロからアドバイス」では、屋根・雨漏り修理のスペシャリスト「屋根雨漏りのお医者さん」たちの動画を参考にして、分かりつらい雨漏りの問題について簡単に説明するシリーズです。

今回の屋根雨漏りのお医者さんは、高知県全域で活躍している小笠原孝彦さんです!

今回の動画 : 雨漏り修理 高知|屋根雨漏りのお医者さん 部分補修か葺き替えか

この動画で、小笠原さんは雨漏り修理時に悩む人が多い問題 : 部分修理か全面葺き替えかについてプロの見解を述べています!

では、早速。

部分修理or葺き替えは迷いどころ

屋根・雨漏り修理の職人さんは、雨漏りの修理を始める前に

まず、雨漏りを起こしている原因を明確にするため、建築全体を調査します。

そして、雨漏りをしている箇所だけを部分修理をするのかor屋根を葺き替えるのかを考えるのが一般的です。(ちなみに、雨漏りを一度修理したのに短い期間で再発する場合は、施工業者の手抜き工事が原因となる場合が多いです)

しかし、小笠原さんが葺き替え(全面的に屋根を変えること)を勧める住宅があります。

それは、古い瓦屋根が乗っている住宅です。

 

雨漏り修理で古い瓦屋根を葺き替えるべき理由

なぜ、小笠原さんは古い瓦屋根の住宅に住んでいるお客様に葺き替えを勧めするのでしょうか?

理由は瓦屋根は重いからです。

実は、一般的な瓦屋根はなんとおよそ3tの重量が住宅にかかっているんです。

いまいちどれくらい重いのかを実感できない方は、3台の軽自動車が住宅に乗っていると考えてみてください。かなり重いですよね…

そのため、小笠原さんは、雨漏りを起こした古い瓦屋根の修理依頼を受けた場合、お客様に屋根の葺き替えを提案しているそうです。

3tという重量を長い間耐えてきた垂木(屋根の柱)などがすでに老朽化しています。

このような状態では、住宅の耐震性にも問題が出てきてしまうことも多く

地震が多い近頃では、安心することができません。

 

地震が起こった場合は、屋根の軽さが勝負

動画内で小笠原さんは、“3tの瓦屋根を軽量な屋根に葺き替えれば500kgに収まる”と言っています。

「軽さ」を特徴としている屋根で最も多く見かけるのは「スレート屋根」です。

スレート屋根は、軽量ですが耐久性もあるので人気の屋根材となっています。

屋根の重量が軽ければ軽いほど、やはり地震の時は安心です。

老朽化が進んだ古い瓦屋根ですと、地震によって住宅が崩壊する可能性も十分考えられます。

小笠原さんのような屋根のプロフェッショナルも

“地震が起こった場合は、屋根の軽さが勝負”と考えているようです。

年数がかなり経った瓦屋根が雨漏りを起こした際には、軽い屋根に変えてみるのが良さそうですね。

特に、昭和56年以内に旧建築基準法の下に建てられた瓦屋根の住宅は、現在の耐震基準を満たしていない可能性が高いので、なるべく早めに軽い重量の屋根に葺き替えた方が良いでしょう!