屋根雨漏りのお医者さんは、全国46都道府県で活動する屋根・雨漏りの修理業者です!

2016年8月現在なんと83名の屋根・雨漏りのお医者さんが全国で雨漏り被害に悩む人たちを助けるために活動しています!

この「プロからアドバイス」では、屋根・雨漏り修理のスペシャリト集団屋根雨漏りのお医者さんたちの動画を参考にして、分かりつらい雨漏りの問題について簡単に説明するシリーズです。

今回の屋根雨漏りのお医者さんは、東京都全域で活躍している高橋大悟さんです!

今回の動画 : 港区 雨漏り修理|屋根雨漏りのお医者さん 修理の費用

この動画で、高橋さんは気になる雨漏り修理の費用についてお話ししています。

では、早速。

 

雨漏り修理にかかる費用は千差万別!

雨漏りが起こる原因は一つにまとめることはできません。

などの屋根材の問題でしたり、太陽光発電機を設置したことによって発生する雨漏りなどもあるんです。

高橋さんは、外壁からの雨漏りを例にして説明しています。

外壁にヒビが入り、そこから雨漏りを起こしている場合

そこのヒビを埋めれば、雨漏りは止まります。

しかし、このヒビを埋める施工はあくまで応急処置です。

やはり、外壁からの雨漏りを止めるのは、壁の内部から修理する必要があります。

 

依頼人の計画を聞くことが大事!

もちろん、雨漏りを完全に直すのが一番良いでしょう。

しかし、それをするにはどうしてもコストが掛かってしまいます。

もし5年後に他の住宅に引っ越す計画だったら?

その場合は、最低で5年を雨漏りを防げれば依頼人にとってはベストですよね。

一方で、30年先もその家に住みたいというなら

内部からしっかり修理を行い、30年先まで雨漏りを起こさない施工が必要になってきます。

依頼人があとどれくらいその住宅に住む予定なのかを知った上で

施工を行うことが重要だと高橋さんは述べています。

 

雨漏りの修理は依頼人との打ち合わせで決まる

高橋さんは、“雨漏り修理で一番重要なのは打ち合わせの段階”と言います。

やはり、依頼人に満足してもらえることが何より大切なことです。

たとえ、雨漏りを完璧に止めても、修理費用が依頼人の予算をオーバーしてしまってはいけません。

屋根雨漏り修理のお医者さんの理念の一つに

「私たちは、お客様が10年先、20年先も笑顔でいられるように、お客様にとって一番良いプランを誇りを持って提案し、責任をもって、お仕事させていただきます。」があります。

この理念を体現するには、依頼人との打ち合わせを重ねることがカギになるんですね!

 

東京都の雨漏り修理は、屋根雨漏りのお医者さんの高橋さんがオススメです!

雨漏り修理、屋根修理でお悩みなら、お気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん
高橋 大悟
フリーダイヤル 0120-994-119
メール yano-b@yane-amamori-doctor.com
URL  http://yane-amamori-doctor.com/tokyo/