みなさんは街中を歩いていて雨漏りを見つけたことはありますか?

おそらく、見つけても何も思わず通りすぎるのが普通。

一度立ち止まって、ジロジロ観察する人はあまり見かけませんよね。

私も前までは、街中に「雨漏り注意」と張り紙が貼られたバケツを街中で見つけても足を止めることなんてありませんでした。

しかし、雨漏り修理について学び、当サイトで雨漏りについての記事を書くようになった今では何もなかったように通りすぎることができなくなってしまいました!

湘南台駅で雨漏りを発見!

そういえば、この間も街中で雨漏りを発見しました!

場所は神奈川県藤沢市の「湘南台駅」

 

 

 

 

 

 

 

バケツが置かれている真上を見上げてみると

 

 

 

 

 

 

 

わかりづらいですが、コンクリートに拳ひとつ分くらいの穴が空いていました。

駅の雨漏りを完全に直すことは難しい?

みなさんも駅で「雨漏り注意」と書かれた張り紙を見かけたことがあると思います。

駅でよく雨漏りが起こってしまう理由として、やはり建物の古さが挙げられます。

湘南台駅は1966年に開業した駅です。比較的に新しいのではないでしょうか。

それでも50年という歳月が経っていますね。そう考えると、雨漏りをしてもおかしくはないですよね。

しかし、なぜ駅で雨漏りを見かけることが多いのでしょうか。

その理由はとてもシンプル。

やはり雨漏りを完全に直すとなると駅としての機能を著しく失う恐れがあるために、応急処置的な修理工事を行うほかないんです。

大きさも建物を使う人の数も一般住宅とはかなり異なりますから、仕方がありませんね。

湘南台の雨漏りは「屋根雨漏りのお医者さん」へ!

ご相談・お見積りを無料で行っています!

雨漏り修理、屋根修理でお悩みなら、お気軽に連絡下さい!
屋根雨漏りのお医者さん
フリーダイヤル 0120-994-119
メールご相談はこちら
URL http://yane-amamori-doctor.com