就職活動のために資格を取ることに没頭している大学生を見たら、どう思いますか?

資格なんて取ったって意味ないよー!時間の無駄!

資格を取るのは時間の無駄なんかじゃない!絶対に役立つよ!

このように、二つの意見に分かれると思います。

じゃあ、もし愛しの我が家が雨漏りを起こして、屋根・雨漏り業者を探さなくてはいけない場面になったら…?

資格を持っている業者 or 資格を持っていない業者

どちらを選びますか?

僕は、資格を持っている業者をオススメしますよ!

屋根・雨漏り修理の資格一覧

建築板金基幹技能者(国土交通省認定)

一級建築板金技能士(厚生労働省認定)

二級建築板金技能士(厚生労働省認定)

二級建築士(都道府県知事認定)

2級施工管理技士(国土交通省認定)

屋根外装調査士(全日本板金工業組合認定)

雨漏り診断士(NPO雨漏り診断士協会認定 等々があります。

今回は、この中で「建築板金基幹技能者」と「雨漏り診断士」という二つの資格について書いていきたいと思います!

建築板金業界の最高峰 : 建築板金基幹技能者

建築板金基幹技能者という資格の名前から出るプロフェッショナル感がスゴイ…

と思われた方もいると思います。笑

そうなんです。実はこの資格「建築板金基幹業者」を持っている板金職人は、全体のたった2%ほどしかいないんです!(出典 : 屋根雨漏りのお医者さん

屋根や外装を中心とした建築外装の施工に携わり、加工製造と工事施工の直接能力を併せ持ち、現場施工上の指示や指導を行う等、技能者として現場施工の中心的な役割と責任を担う存在です。(出典 : 一般社団法人日本建築板金協会)

簡単に言ってしまえば、屋根・外装のプロです。

施工者として、さらには管理者としてもかなり熟練された者にしか与えられない資格です。

屋根を一つ修理するのにも、マネジメント能力は必要不可欠です。

施工管理、品質管理 、安全管理能力はお客様に満足してもらう施工を進めるために必要な能力ですし

原価管理は、経済的分野ですが、昔のように「作れば売れた」という価値観では勝てないのが現代ですから、とても大事な管理能力の一つです。

施工能力とは別に、これらのマネジメント能力をも兼ね備えたのは、建築板金基幹技能者です。

「建築板金基幹技能者」になるのは、かなり難しい

  • 建築板金一級技能士
  • 職長・安全衛生責任者教育講習修了者
  • アーク溶接作業特別教育修了者
  • 玉掛技能講習修了者
  • 高所作業車運転技能講習修了者

まず、これら5つの資格をもっているのが条件です。

一つの資格を取るために、5つの資格が必要なんです…

ちなみに、「建築板金一級技能士」を取るのにも最低7年の実務経験が必要になるんです。

な..7年。。。

実は、条件はまだ満たしてはいません!

上記5つの資格にプラス

  • 建築板金工事の施工現場での10年以上の現場施工
  • 3年以上職長経験

この二つも必要です。

一つの資格を取るにもこれだけの条件を満たさなければいけません。

「建築板金基幹技能者」の凄さがわかったと思います!

 

雨漏りのスペシャリスト : 雨漏り診断士

「建築板金基幹技能者」は、屋根と外装のプロフェッショナルですが

名前の通り「雨漏り診断士」は雨漏りのプロフェッショナルです!

雨漏り被害が未だ収まらない理由は、単純に雨漏り対策が後手に回っていたからです。

建築は人を雨風から守るためのモノにも関わらず、雨漏り対策の重要性が認知されていませんでした。

そこで、生まれたのが「雨漏り診断士」です。

雨漏り修理のクオリティーが業者によって大きく異なるのは、雨漏りを学ぶ方法が経験以外なかったからです。その状況を改善するために、「雨漏り診断士」は生まれたんですね。

「雨漏り診断士」を取得するのは、簡単ではありません!

雨漏り診断士の資格認定試験内容

・建築の基礎知識(施工・構造)

・雨仕舞いと防水の基礎知識

・雨漏り診断の実例・実務

一見してみると、これらの資格認定試験内容は実際に雨漏り修理をしていれば、自然と身に付くと思われがちです。

しかし、日本には様々な工法の建築物があるので、建築によって雨漏りも千差万別です!

そのため、経験と同じくらい様々な状況に対応できる知識が重要になります。

そこで、雨漏りに特化した専門的に知識を蓄えている雨漏り診断士は、現場で活躍するのです。

雨漏り修理のクオリリティーも上がり、結果的に雨漏り被害(特に雨漏り再発)を減らすことができます。

全国で雨漏り診断士の資格を持っているのは、248名(2013年)となっています。

建築板金基幹技能者と同様に、誰でも持てる資格ではないんです!

 

雨漏り修理は、資格を持ったプロに。資格=安心と信頼です。

資格なんていらない!経験が全てだよ!

という意見も分かります。

やっぱり、知識だけあって経験がない職人さんには恐くて任せられませんよね…

しかし、しっかりとした雨漏り修理には、屋根・雨漏りを中心とした建築に関する包括的な知識を要します。

今回紹介した「建築板金基幹技能者」「雨漏り診断士」がいれば、雨漏り修理をスムーズそしてパーフェクトに進めることができます。

たった一つの資格を取るために、彼らは弛まぬ努力をしたんです。

その資格は、まさに安心と信頼を表します!

雨漏り修理業者を選ぶときは

「建築板金基幹技能者」そして「雨漏り診断士」がいるか?

をベースに考えてみてくださいね!