環境に優しいと近年注目を集める太陽光発電機。

近頃は、屋根に太陽光パネルを付けている家庭も珍しくないですよね!

太陽の光エネルギーを「太陽電池」という装置を通して電気に変える発電システムです。

一般的に、太陽光発電機の寿命は、20~30年と言われています。結構長いですよね!

それだけ長く使えれば、環境だけではなく家庭にも優しいと言えます。

しかし、悲しいことに設置から僅か数年で、家庭に厳しい太陽光発電機に変わってしまう場合もあるんです…

社会問題として新聞が扱うほど、太陽光発電機を設置したことによる雨漏り被害が後を絶ちません。

この記事では、皆さんに「環境そして家庭にも優しい太陽光発電機」を届けるために

「太陽光発電機を設置する前に確認すべき3つの点」を伝えたいと思います!

屋根の老朽化は進んでいないか?

太陽光発電機を設置する上で最も重要なのは、屋根なんです!

ものすごい当たり前のことですが

実際に屋根を無視した太陽光発電機設置が多く行われているのが現実…

その結果、太陽光発電機設置による雨漏りが起こってしまうんです。

太陽光発電機の設置方法には、簡単に言えば二通りあります。

① 屋根に穴を開ける方法 ②屋根に穴を開けない方法 です。

雨漏り被害が多く出ているのは、前者の「屋根に穴を開ける方法」です。

もし、老朽化が進んだ屋根に無理やり穴を開けて太陽光発電機を乗せたら、穴を開けた部分から雨漏りをしてしまう確率はかなり高くなります。

台風などの自然災害が起こった場合を考えても、老朽化した屋根に太陽光発電機を乗せるのはかなりリスクが伴います。

一度雨漏りが起こってしまうと、屋根修理のために太陽光発電機を屋根から下ろすため

シンプルな修理でも莫大な費用が掛かってしまうかもしれないのです…

太陽光発電機設置を考えているなら、まずは屋根業者に屋根を見てもらいましょう!

 

低価格にこだわりすぎてはいないか?

価格というのは、何かを買う上でとても重要な指標ですよね。

やっぱり、同じものを買うなら安いほうがいいに決まってる!

しかし、「安かろう悪かろう」という昔から言葉があるように

価格の安さの裏には、理由が隠されていることが多いです。

そして、それは太陽光発電機にも言えることができます。

少しでも安く太陽光発電機を設置したいお客さんがいるとします。

太陽光販売会社は、そのお客さんの要望に応えるために価格を下げて販売しますよね。

しかし、販売会社側はそれでも利益を求めるので、設置するための人数を減らし、人件費を削減します。

そのため、一人ひとりの作業負担が増え、手抜き工事に繋がってしまうのです。

太陽光発電機の購入を考える際に気を付けなければいけないことがあります。

それは、施工業務を行っていない販売会社から購入する場合です。

施工を行っていない販売会社は、販売が仕事です。

販売後は、施工は業者に外注します。

そのため、施工また屋根に対する十分な知識がないので、設置後に雨漏りに発展することが多いのです。

本来なら設置負荷な屋根に太陽光発電機を乗せてしまい、

やはり、太陽光発電機を設置するなら、十分にお金を掛けた方が良いと思います。

 

保証はされているのか?

やはり、どんなに努力しても

物は壊れてしまいますよね。

そこで、大事なのは壊れた時に使える保証ではないでしょうか。

保証は、太陽光発電機を設置する際にも、とても大切な要素になります。

残念ながら、雨漏り保証を行っているメーカーはそう多くはありません。

現在は、シャープ、長州産業、サンテックパワーが有名どころです。

メーカーによって、保証内容がバラバラなのでしっかり吟味した方が良いでしょう。

しかし、メーカーの保証を受けるにも条件があるんです。

この三社メーカーの雨漏り保証では、メーカーの施工マニュアル通りに施工が行われなかった場合は保証対象外になってしまいます。

保証の観点からも、やはり施工業者選びを間違えてしまうと痛いです。

 

これら3点は、太陽光発電機を設置する前によく確認した方が良いでしょう!

では、後悔のない太陽光発電機ライフを過ごしてくださいね!